【タイ料理】ナンプリックパオとは | タイ料理 スースーデリ

2021/01/22 14:41

こんにちは!おうち本格タイ料理スースーデリです。本日ご紹介させていただくのは、タレーパットプリックパオに使用されている「ナンプリックパオ」という調味料です。なんのことやら。。。そいう感じですよね。

タレー=海鮮、パット=炒め、プリックパオ=ナンプリックパオ

ナンプリックパオという調味料で海鮮を炒めた料理 ということです!そのナンプリックパオとはなんだ?という疑問にお答えしていこうと思います。




ナンプリックパオとはタイの調味料のことです。別名「チリ・イン・オイル」とも呼ばれ、基本的には、唐辛子、にんにく、「ホムデン」と呼ばれる小さな赤たまねぎ、干しエビを大豆油で炒め揚げ、砂糖や塩と混ぜあわせてペースト状にしたものです。エビの旨味が濃厚な甘辛い味噌のような味わいです。トムヤムクンには必ずといっていいほど入っている調味料で炒め物や、スープに隠し味として入れたりするメニューも多いです。またナンプリックパオに欠かせない材料として、タマリンドが入っています。タマリンドとはタイではおなじみのフルーツで、パッタイなどのソースにも利用されているものです。


「ナンプリックパオ」は海鮮と炒め合わせるとさらにコクがでて、ごはんとの相性が抜群です。ぜひごはんと一緒にお召し上がりいただきたいと思います。日本の調味料ではなかなか表現できない味わいのこの商品、ぜひおうち時間のたくさんある今、お試しいただきたいです。